初心者のための注文住宅情報サイト

お得なマイホーム

こちらのサイトは、注文住宅の知っておくと良い情報が集められています。
例えばどのくらいの価格や注意点、地域ごとの相場など、これから購入する予定の人が知っておけば役立つことが記事になっています。
家は一生に一度の買い物になるケースも多く、金額的にも気軽に買えるものではありません。
そのため失敗は防がなくてはなりませんが、少しでも知識を増やしておけば不利益を回避しやすくなるはずです。
家の購入を検討している方は、ぜひ見て見てください。

注文住宅の価格

注文住宅の価格 注文住宅の価格は、全国平均で3300万円程です。
あくまで平均なのでこれよりも安くすることも可能ですし、こだわればもっと高くなります。
住宅メーカーは予算に応じて柔軟に設計を考えてくれるので、予算が限られている方は平均のお金を用意できないとしても相談してみると良いでしょう。
ある程度制約が生じてしまいますが、低価格でも満足できる注文住宅を考えてくれるはずです。
特に、その分野で実績がある所ならば、安くても買ってよかったと思える家を購入できます。
金額を抑えるポイントは、必要ないものは省いたりコストダウンしたりして、こだわりたい所に予算をかけることです。
要望を具体的に持っていれば、住宅メーカーに伝えることで形にしてもらえるでしょう。

注文住宅の価格は坪単価を比較することで分かります

注文住宅の価格は坪単価を比較することで分かります 注文住宅で家づくりをすることは、予算に合わないので建売住宅を選ぶ人も少なくありません。
予算に合わないか否かは注文住宅の場合は価格が決まっているものではない、これに対して建売住宅は販売価格が決まっているため、予算に合うものか否かをすぐに判断できるためではないでしょうか。
例えば、建売住宅の値段が土地と建物セットで5,600万円、予算はローンを含めて5,800万円であれば買うことができるわけです。
注文住宅は土地と建物が別々になる、土地の値段は分かっても建物の値段がいくらになるのかが不明確ですから、予算が5,800万円ある場合でも、恐らく手持ちのお金やローンを組んでも買うことができないだろうと考えるケースは多いのです。
土地の値段は不動産会社の情報をチェックすれば一目瞭然です。
購入可能な金額から土地の値段を差し引く、例えば予算が5,800万円で土地の値段が4,000万円であれば、家づくり使えるお金はおおよそ1,800万円になります。
注文住宅は家の面積で金額が分かるのですが、これは坪単価を比較することが重要です。
坪単価は施工を行う工務店およびハウスメーカーにより様々ですから、1坪当たりの単価を比較することで予算内に収まるか否かが分かります。

注文住宅でも工夫次第でコストカットが可能!

注文住宅というと、建売住宅より高価であるのが一般的です。そのため、資金に余裕のある人しか建てられないというイメージが定着していました。しかし近年は、うまくコストカットできることを重視して、注文住宅を選択する人も増えています。建売住宅では使用する素材があらかじめ決まっており、変更する要望は基本的に受け付けてもらえません。それに対して注文住宅なら、素材を一つひとつ自分で決めることも不可能ではありません。それが面倒なら、できるだけ安い素材を使うように指示するという手もあります。また、給湯器をはじめとした設備に関しても、選び方次第でコストカットは十分に可能です。あえて型遅れのタイプを選ぶことで、最新式の場合と比べて7割以下に抑えられます。2世代前や3世代前のタイプなら、半額ぐらいの出費で済むこともあるでしょう。旧式といっても、定番のシリーズは基本的に性能がほとんど変わりません。最新の機能が費用ならそちらを選ぶのが得策です。

注文住宅を造る際にはフルオーダーでの施工が可能

注文住宅を建てる際には、フルオーダーでの施工が可能となっています。唯一無二の家屋を建てることが実現できるのが、注文住宅が持つ魅力です。住宅を造る際には、細部に至るまで拘りたいのが普通でしょう。分譲住宅とは違い、土地探しは勿論のこと、外壁や間取り、室内設備に至るまでを、自由にカスタマイズできるのがフルオーダー型の魅力です。住宅メーカーの中には事前に受けられる無料カウンセリングを実施するところも少なくありません。家造りを考えた際には事前に相談に伺ってみるのが良いでしょう。注文住宅の場合には、決済時期が複数回に亘ります。住宅を購入する際には、ローンを利用する方が少なくありません。建築様式に関する相談だけではなく、資金面も含めた形で、前もって相談に伺うのが良いものです。中庭があったりモダンな外壁であったりといった、映画で見るような邸宅であっても、注文住宅であれば実現することは可能です。自分のイメージを忠実に実現できるのも、注文型式の住宅が持つ魅力なのです。

工事期間別の注文住宅のプラン選びのポイント

注文住宅の建築では、用地の取得から建物の完成までに長い期間が必要です。しかし子供の入学などの時期に合わせて入居するためには、工期が短い注文住宅のプランを選ぶ必要があります。一方で細部にまでこだわりたいと考える施主は、時間がかかってもじっくりと家づくりに取り組みたいと考えています。このように住まいへのニーズは多様であり、施工を行う工務店などと十分に相談することが重要です。提案力のある工務店やハウスメーカーは、希望する入居時期から逆算して最適なプランを示すことも可能です。工場で製造された建材の使用比率を高めることが、工期を短くして良いタイミングで入居することにもつながります。具体的に住まいのプランを考える場合には、住宅展示場で数多くの建物を見ることも大切です。ハウスメーカーのスタッフが展示場で様々な相談に乗ってくれるので、施主の様々な疑問や悩みも解決できます。短期間で住まいを完成させたいときには、定番のプランを参考にする方法もあります。

注文住宅を建てる際には地域の種別を確認する

注文住宅を建てる際には、地域の種別を確認することが大切です。分譲住宅とは違い、土地探しから携われる注文住宅では、理想的な立地に家屋を造ることが可能となっていきます。通勤の利便性が良かったり、日々の暮らしを穏やかに過ごせたりなど、自分のイメージに合った地域での住宅建築を行えるのです。土地を選んでいく際には、予算の面だけではなく、用途の確認を行なうことを忘れないようにしましょう。条件的に優れた土地であっても、都市計画が適用されていない場合もあるからです。市街化調整が施された土地の場合には、住宅を建てるに際しての認可を受ける必要が生じていきます。どのような用途で使えるエリアであるかは、ネットを使って確認することが可能です。住宅情報サイトを眺めながら、詳しい情報を集めることを心掛けましょう。殆どの住宅メーカーでは、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。相談の際に、どのような用途で使える土地であるかを確認してみるのも良いでしょう。

ハウスメーカーが提案する高品質の注文住宅

注文住宅のプラン選びでは、施主の要望に従って間取りを決めるのが一般的です。しかし建物の耐久性を重視するためには、ハウスメーカーの助言にも真摯に耳を傾ける必要があります。特に建材や建築技術の知識が豊富なハウスメーカーは、高品質な注文住宅のプランを示せるのが魅力です。厳選された木材を使うことで、見た目が美しくて重厚な構造の住まいを実現することができます。一方でクオリティーの高さを重視する場合でも、希望する予算内でプランを考える必要もあります。シンプルな設計プランを選ぶと、工事期間も短くなって坪当たりの建築コストも抑えられます。ローコスト住宅に強いメーカーに相談すると、割安な価格で建築可能な注文住宅のプランを示してもらえます。風雨に強くて大地震が来ても倒壊しない建物が、理想とする注文住宅です。独自に研究と開発をしているハウスメーカーを選ぶことで、生命と財産を守れるような家を建てることができます。

注文住宅の場合は、住宅設備も自由に選べる

注文住宅といえば、自分で間取りや外観、内装を自由に設計できるものとして人気ですよね。デザインを自由設計できるのはもちろんのことですが、注文住宅の場合には住宅設備も自由に選ぶことができるのもメリットです。最近では快適に生活をするための設備もどんどん進化しています。おうち時間が増えたり、在宅ワークが増えたりしてことも相まって、その需要がどんどん高まっています。その中でもとくに時短を意識した住宅設備を紹介します。まずは食器洗い乾燥機です。ビルトインで設置することも可能で乾燥までやってくれるので、時間が短縮されるのはもちろんのこと、洗剤による手あれを防ぐこともできます。次に浴室暖房乾燥機です。暖房がついているので冬でも快適にお風呂に入ることができるだけではなく、洗濯ものを干すこともできるので梅雨の時期でもパリッとすぐに乾きます。お湯が冷めにくいので家族がバラバラの時間に入っても、いつでも暖かく入れます。

家族全員の希望を叶るならフルオーダーの注文住宅

入居者全員の思いや希望を形にできるのが注文住宅であり、その全てを実現できる設計方法がフルオーダー式となっています。他の設計方法としてはセミオーダー式や企画型住宅がありますが、いずれもハウスメーカーが設定したプランの中からの選択となっています。いずれも敷地は自由に選択し建築可能ではありますが、建物本体については変更可能な範囲が多いか少ないかにあるのです。しかし、敷地や外観は当然のこととして使用する部材や色合いと、内装までの全てを決定すれば完全な注文住宅であると言えるのです。そのためには基礎や構造に強度やシステムと、あらゆる設備などに対する知識が必要となってきます。また、プランも施主が最初から提案していくため、打合せの回数や時間も相当長くなります。そして、完成した建物に対する責任も多くなってきますが、より理想に近い唯一の我が家となっているのもまぎれもない事実です。従って竣工を迎え入居する際の喜びは、他には真似ができないほど大きくなっていることでしょう。

注文住宅を建てる際にはメンテナンス性の高さを意識する

注文住宅を建てる際には、メンテナンス性の高さを意識することが大切です。拘りの住宅を造り上げていっても、家屋に問題が起きてしまっては、快適な生活は送れなくなるでしょう。注文住宅を提供するメーカーでは、アフターフォローの面についてのサポートも行います。外壁に問題が生じたり、設備に故障が生じたりした際であっても、柔軟な対処を行うことが可能です。殆どのハウスメーカーでは、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。公式サイトに掲載されている事例を見比べながら、気になる会社を見つけた際には、気軽に相談することが大切です。新築で建てた住宅であっても、歳月が経過するに従って劣化は生じていくものです。築後10年程度の期間が過ぎたタイミングで、家屋のメンテナンスを考えていった方が良いでしょう。ハウスメーカーの中には、長期保証を提供するところも見られます。メンテナンス性の高さを意識しながら、注文住宅を依頼するメーカーを選ぶことが大切です。

注文住宅での建築は立地条件により左右される

注文住宅とは施主が敷地を用意することが条件となっており、メーカー側にも敷地の状況を詳細に確認する義務が生じます。状況しだいではありますが依頼を受けた家であっても、建築可能かという判断にさえも大きな影響を持つのです。その土地に建物を建てることが許されてい場合には、建築許認可に欠かせない確認申請の提出さえもできません。また、建築基準法で定められているエリアによっては、家の建築面積や容積率も異なり外観にも影響を及ぼします。防火地域や準防火地域では使用できる部材や、内装なども法に抵触する事のない構造等にすることを余儀なくされるのです。地形などはその様子により建物のプランや、外構工事等にも土地に合わせた設計のやり直しも考えられます。注文住宅とは敷地を用意さえすればいいのではなく、希望する家を建築できる立地条件に見合った土地を用意するべき工法です。駐車スペースの配置や日照にも当然差が出ますので、建築地とする土地はメーカーの担当者との相談し決定するべきでしょう。

注文住宅で理想の家を建てるために重要なイメージ作り

長く待ち望んだ憧れのマイホームの新築を、注文住宅でと決めた時に重要な事は多々あります。家の建築にかけられる総予算もそのひとつであり、同時に長く暮らしていくいえについて思い描いてみるということもあります。建築する場所は海に近い方が良いとか、都市近郊の利便性の高い場所という立地条件もあるでしょう。また、洋風の建物が好みだとか和風の方が落ち着く等という、外観に対するこだわりも各々が持っているはずです。そして、近年では特に話題となっている自然災害への、強度や耐久力を心配する方も少なくはありません。より現実的な日常生活まで考えが至ることもあり、生活や家事動線というより身近な内容まで気にされる方もおられます。これらのように立地条件や外観と間取りを含むプランや、具体的な日々の生活まで考えてしまう事も大切なのです。注文住宅でより理想に近い家を建てるためには、自分たちの建てたい家のイメージを固める事から全てを始めるべきだと言えます。

注文住宅を建てる時に知っておきたい不動産取得税とは?

不動産取得税というのは、土地や建物などの不動産を取得した際に課せられる税金のことです。
この税金は、取得時のみに課せられる税金となっており、固定資産税のように毎年支払う必要はありません。
また、都道府県が課税する地方税の一種であるため、納税先は都道府県の税事務所となっています。
不動産取得税の税額は、不動産の価格と税率によって決まる仕組みになっています。
ここで不動産の価格とは、実際の売買価格ではなく、固定資産税の評価額と呼ばれる公的な価格です。
この評価額は、土地の場合は実際の価格の6割から7割、建物の場合は5割から7割が目安とされています。
一方、税率は、土地と住宅については、2024年3月31日までに取得した場合は3パーセントに引き下げられています。
なお、注文住宅の土地と建物の合計が4000万円の注文住宅を建てた場合の税額は100万円前後となるので、そのくらいの金額を予算に組み込んでおいたほうがよいでしょう。

注文住宅にかかる登録免許税とはどのようなものか?

注文住宅の登録免許税というのは、不動産の登記を行う際に国に納める税金のことです。
ここで登記とは、不動産の所有権や抵当権などの権利関係を法務局にある登記簿に記録して公示することであり、それを行うことによって不動産の権利関係が明確になり、トラブルや紛争を防ぐことができます。
注文住宅を建てる場合には、土地と建物の所有権の移転登記や住宅ローンの借入れに伴う抵当権の設定登記などが必要になるのですが、これらの登記にかかる税額は、土地や建物の評価額に所定の税率を乗じることによって算出されます。
なお、2024年3月31日までに登記を行う場合には軽減税率が適用されますが、適用を受けるためには一定の要件を満たさなければなりません。
例えば、建物の所有権の移転登記については、登記簿上の床面積が50平方メートル以上であることや、新築または取得後1年以内の登記であることなどが条件となります。
登記手続きは、司法書士に依頼するのが一般的です。
司法書士は、登記申請書や必要な書類を作成して法務局に提出します。
登記が完了すると、登録免許税の納付書が送付されてくるので、そこに記載された期限内に指定された金融機関に納付するようにしましょう。

注文住宅を検討する際には固定資産税も頭に入れておこう

注文住宅を検討する際には、様々な要因を考慮する必要があります。
住宅のデザインや間取り、予算、立地条件などが大切な要素であり、それらを検討することは当然ですが、固定資産税もその一環として忘れてはいけません。
不動産を所有する際に発生する税金であり、毎年地方自治体に支払う必要があります。
この税金は土地と建物の評価額に基づいて計算され、所有する不動産の価値に応じて変動します。
したがって注文住宅を建てる場合、将来の税の負担も考慮に入れておくことが重要です。
取りの選定段階で考慮することが必要です。
土地の立地や地価は影響を与えます。
高額な土地を購入すると税金もそれに応じて高額になる可能性があります。
逆に地価の低い地域を選ぶことで、税金の負担を軽減できるかもしれません。
また建物のデザインや規模も影響を与えます。
広大な敷地に大きな建物を建てると、その評価額も高くなり、税金も増加する可能性があります。
建物の規模や素材、仕様を検討する際に将来の税金負担を見据えることが重要です。
注文住宅を検討する際には、単に建物のデザインや予算だけでなく、固定資産税も含めた総合的なコストを考慮することが賢明です。
将来の不安定要因や変動する状況に対処できるよう、計画的に進めることが理想の住まいを実現するために大切なステップとなります。

20代が注文住宅を検討する際の注意点とは

20代が注文住宅を検討する際には、様々な注意点があります。
まず、将来のライフスタイルやニーズを考慮することが重要です。
若い世代はまだ家族ができていないことが多いため、今後の結婚や子供のことを考えて、家の広さや間取りを選びましょう。
また通勤やアクセスの便が良いかどうかも検討ポイントです。
予算も大切な要素です。
住宅ローンを組む場合、返済能力をしっかり考え、無理のないプランを立てることが必要です。
将来的な収入の見込みや生活費も考慮し、財務計画を立てます。
地域環境や施設の充実度も確認します。
学校や医療機関、ショッピングセンターなどが近くにあるかどうかは、生活の便益に関わります。
さらに治安や住み心地も調査しておくべきです。
設備や仕様についても注意が必要です。
省エネ性能が高い家や、メンテナンスが容易な素材を選ぶことで、将来のランニングコストを抑えられます。
またオーダーメイドの注文住宅なら、自分の好みに合ったデザインや設備を取り入れることができますが、その分コストもかかりますので、バランスを考えます。
20代のうちに注文住宅を建てることは、将来に向けた賢い投資ですが、慎重な計画と注意が必要です。
将来の幸せな生活を築くために、検討と準備をしっかり行いましょう。

頭金を準備して注文住宅のローンを相談しよう

注文住宅であっても、一般的な新築一戸建てを購入する時と同じで住宅ローンを利用することは可能です。
ただ、実際に手続きを行う時にはどういったサービスを利用するのかということを業者側と相談しなくてはいけません。
金融機関に対して審査を行ってもらうための手続きをする必要がありますが、全ての金額で住宅ローンを利用すると大きな負担となってしまいます。
ですから、頭金を揃えておいて正確なシミュレーションを立てることができるように、注文住宅の購入時にきちんと相談しておくことが大切です。
金融機関に相談に行く前に、注文住宅を請け負ってくれる業者に相談するという対応が不可欠です。
実際に、どういった部分に料金が必要になるのかいう詳細な明細を出してくれます。
それを参考にして、分かりやすいシミュレーションを立てることができるので現実的な観点から、返済可能な計画を立ててくれます。
その上で、審査を行えばきちんと通るように考えられていますので安心感があります。

注文住宅に関するお役立ちリンク

八王子 注文住宅

新着情報

◎2023/12/7

情報を更新しました。
>注文住宅を建てる時に知っておきたい不動産取得税とは?
>注文住宅にかかる登録免許税とはどのようなものか?
>注文住宅を検討する際には固定資産税も頭に入れておこう
>20代が注文住宅を検討する際の注意点とは
>頭金を準備して注文住宅のローンを相談しよう

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>注文住宅の場合は、住宅設備も自由に選べる
>家族全員の希望を叶るならフルオーダーの注文住宅
>注文住宅を建てる際にはメンテナンス性の高さを意識する
>注文住宅での建築は立地条件により左右される
>注文住宅で理想の家を建てるために重要なイメージ作り

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>注文住宅でも工夫次第でコストカットが可能!
>注文住宅を造る際にはフルオーダーでの施工が可能
>工事期間別の注文住宅のプラン選びのポイント
>注文住宅を建てる際には地域の種別を確認する
>ハウスメーカーが提案する高品質の注文住宅

◎2020/2/20

注文住宅での生活
の情報を更新しました。

◎2019/12/18

見積もりを出してもらう
の情報を更新しました。

◎2019/10/29

金額が高くなりやすい注文住宅
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

安い注文住宅の危険性
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

注文住宅のグレードと価格
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「住宅 価格」
に関連するツイート
Twitter

タタールスタンの住宅価格の異常な高騰はどう説明できるのか モスクワ、サンクトペテルブルクの次という

中古マンション 一戸建て 土地の不動産購入の仲介手数料が無料か割引になって、購入費用を抑えられるし、欠陥住宅無料チェック付きなら助かるよね✨ 手数料無料になるか1分の無料診断でわかるし、価格交渉もしてくれて希望物件をお得に購入できるのは嬉しいサービスね🌺 [PR]

アパートマンション 一戸建て 土地 再建築不可物件など住宅査定で価格比較して持ち家の売却をすぐにしたい、不動産売却の見積もりしてもらって高く売る事を考えてるオーナーさんにはおすすめね🐰🌺 空き家 離婚 相続 共有持分問題などの物件でも査定可能なのは助かる✨ [PR]

建築業の悪いところは、 夏は暑い、冬は寒い現場。 週6出勤。 事務所→現場まで通勤は労働に含まれない。 一部の作業服や工具代は自費。 喫煙所という名の休憩所。 …これが嫌で僕は作業員を辞めた。 働かない自由はあるけど、そのぶん、人手不足で住宅価格はウナギ登り。

シンガポール「日本人が満足できる住宅」は家賃100万円以上が必要に!?… 居住用物件を買う場合、シンガポール人であれば購入価格の3%の印紙税で住むのですが、外国人や法人が買う場合、投機抑制策として購入価格の60%の印紙税がかかります。 日本でこれやったらどうなるかね